« 旧士幌線アーチ橋梁めぐり | トップページ | オープンガーデンについて »

2017年6月 5日 (月)

タウシュベツ

ささやか旅の最後の場所は「タウシュベツ」
ここを知らなかったんですよ私、去年北海道通の遠くの花友さんから聞くまで
何年もずっと庭造りに熱中してきて、庭以外のことは聞いても耳に入らなかったのでしょうね(;;;´Д`)ゝ

毎年ダムの水位が上がるたびに静かに沈んでいくという橋
いつ崩壊してもおかしくないという話を聞き、今年見に行くことに決めました

危険な場所を通るため、NPOひがし大雪自然ガイドセンターの見学ツアーを予約

Img_8189
知る人ぞ知る人気の場所なので,ツアー参加者は定員いっぱいの15人
駐車場所で車から降りてここからは歩いて向かいます
流木が行く手を阻むかのような道  どんな景色が待っているのか期待が高まりました

Img_8194
後ろを振り返るとこんな景色
ここに線路があったのですね

最初に見えてきた橋は 一瞬これが?と思う形   
少し横に移動して初めて橋全体が見えました

Img_8197
はあ~ 今まで見たことがない景観  

‘幻の橋’   季節によってダムに沈んだり、現れたりするのでそう言われているようですが
この景色自体が幻のよう
曇っていたせいか運命を受け入れてじっと耐えているような姿にも見えました

 

タウシュベツ川橋梁  
1937年、旧国鉄士幌線に建設されたが、1955年糠平ダムの完成に伴う路線変更によって利用されなくなった
ダムの水位が増す6~10月頃は湖底に沈み、翌年1月頃には姿を現す

              

Img_8227
人が小さいです
落石の危険があり、ロープより中には入れません

Img_8203

湖底に降りて、下からの眺め

本当は水が溜まり始めて、アーチがめがねになる様子を期待していました
今年の冬は少雪で、雪解け水が少なかったせいで残念でした   水は100m先
それでも雨が降らなくて幸いでした

Img_8211
大きく欠けている2か所
右側は2003年の十勝沖地震による崩れ
左側はニュースにもなりましたが、先月なんの前触れもなく崩壊した部分
浸み込んだ水が凍ったり融けたりすることによるものだとしたら、やはり崩壊が迫っているということなのでしょうか
たくさん写真を撮った後は、自分の目でしっかりと見て、記憶に留めてきました

とても楽しい時間を過ごして帰ってきましたが、庭が一番忙しい時にでかけたので帰ってからは大忙し
寄せ植えもようやく今日作り終えました   遅すぎ
晴れが長続きしないし、寒いし、オープンガーデンまでに寄せ植えはこんもりしないですね、きっと(;´▽`A``

|

« 旧士幌線アーチ橋梁めぐり | トップページ | オープンガーデンについて »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

時々写真(ネットの)見た事がありました
行ってみたいと思っていた場所です

4番目の橋に下に小さな人・・
小さな橋を想像していましたが
かなり大きい橋なのですね
崩れるのを止める事は出来ないのでしょうか
何か物悲しさを感じます

投稿: ポットママ | 2017年6月 7日 (水) 23時20分

ポットママさん
パンフレットなどに載っているメガネ橋になった姿を期待していましたが
ちょうど良い時期に予約するのは難しいですね~
崩れるのを知りながらただ見守るしかないのは本当に残念です。
機会がありましたら北海道にいらしてくださいね!

ポットママさんのお庭のバラは今年も素晴らしいですね。
美しいお写真をうっとり見せてもらってます^^

投稿: kinohana(ポットママさんへ) | 2017年6月 8日 (木) 21時11分

こんにちわ 遅咲きです。

「老兵は死なず ただ消え去るのみ」
この言葉はよく理解できないで今まで来たけど、この橋を見て・・・
この橋のためにあるのでは・・・と。

(マッカーサーに怒られる???かな)

怖いくらいの迫力と壮絶さ・・・。

投稿: 遅咲きのガーデナー | 2017年6月 9日 (金) 13時37分

遅咲きのガーデナーさん
それ、ピッタリの言葉かもしれませんね。
列車が走っていただけあって、見上げると巨大でした。
一気に壊すのと違って、少しずつ消えていくのを見守るのはなんだか悲しいものですね。

投稿: kinohana(遅咲きのガーデナーさんへ) | 2017年6月 9日 (金) 21時50分

kinohanaさん、こんばんは
おひさしぶりです。

拝見してびっくりしました。
ここはずっと行きたいと思ってなかなか行くチャンスがなくいつか、、と思っていたところです。
まさかkinohanaさんのブログで拝見できるとは思っていませんでしたよ~

人の大きさと比べたタウシュベツアーチ橋は相当迫力がありますね。
そしてとても幻想的。
不思議な感覚に陥りそうな、、素敵なショットを堪能させていただきました。
他の橋も滅びゆく美しさとでもいうのでしょうか、、廃墟の美とあはれさと感じました。
益々見たい!と!絶対沈む前に行かなくちゃね。

>オープンガーデンに向けて頑張ってくださいね。(あ、でも無理せず、、)
今年は伺うことができたらいいな。

投稿: ノリーナ | 2017年6月10日 (土) 22時21分

ノリーナさん
こんばんは~
みなさんご存知なのですね。私は去年知ったんです( ̄◆ ̄;)
糠平は小学校の修学旅行で行ってあまり良い印象がなく
こんな素晴らしいものがあるとは思っていませんでした。
廃墟の美ってありますよね。

風邪をひいてしまったのですね。
どうぞお大事に。
今年は沈むのが遅いかもしれないので間に合うと良いですね!

コンサレッド咲いてます^^

投稿: kinohana(ノリーナさんへ) | 2017年6月11日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旧士幌線アーチ橋梁めぐり | トップページ | オープンガーデンについて »