« 考え中 | トップページ | 感動をありがとう~ »

2018年2月 2日 (金)

冬の底

全国的に寒い日が続いていますね

Img_3859
我が家の玄関前では、今冬初めてのマイナス20度以下を記録
ブーツの底が玄関のタイルにペッチャペチャくっついて寒さを実感しました

二階の窓から庭を見降ろすと無数のダイヤモンドダストがキラキラshine
(白い粒にしか写っていませんが)

Img_3861

降る雪をロマンチックに丸く撮るにはストロボを使うそうですが、ダイヤモンドダストは?
私のカメラはストロボが別売  
クロスフィルターも欲しいし、レンズも欲しい・・・今お小遣い貯めてます(*^.^*)

|

« 考え中 | トップページ | 感動をありがとう~ »

日記・つぶやき2018」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
-20℃は寒いというより痛いですねbearing
こちらもまた雪が降り、寒い日が続きました。-8℃ぐらいまで下がりましたよ。
でも今日はとても良いお天気で、風もなく暖かかったので、少し庭に出ました。
チューリップやスイセンの芽が出始めました。

ローメンテナンスの庭。
日々の作業はもちろん、雪国では低木やバラの冬囲いも必要ですし、負担が大きいですね。
やはり本数を減らさないと作業は減らないので悩みますね。
kinohanaさんのお庭の雰囲気に合わないかもしれませんが、ポタジェなんかもありますね。
おしゃれな囲いを作って、野菜の他にハーブなど植えてもかわいいですね。

投稿: やなぎ | 2018年2月 4日 (日) 17時44分

やなぎさん
もうチューリップやスイセンの芽ですか? やっぱり北国とは大きな違いですね。
庭のことを考えようかなと思っても庭が雪に埋もれているとイメージがわいてきません。

私もポタジェをちょっと考えてはみたんです。
花を減らしても土だけにしておくのは変だし・・と。
ただ野菜を育てるのって花と同じくらいかそれ以上に大変ですよね、きっと。
美味しい野菜を食べられるのはうれしいことだけど、今の私にできるかな?(*´ェ`*)


投稿: kinohana(やなぎさんへ) | 2018年2月 4日 (日) 21時37分

こんにちわ
忘れたころにやってくる遅咲きです。

青空ピーンだったり、窓ガラスがガッピンガっピンに凍ったり忙しいお天気です。

機材を揃えたくなってきましたか!!
ストロボもクロスフィルターもレンズも・・・解ります、解ります・・・。

雪にストロボ、その時になさってみてください。
カメラの上に傘をさすと近くの雪がハレーションを起こさなくていい感じに撮れますよ。
もうご存じだったかな。

投稿: 遅咲きのガーデナー | 2018年2月 5日 (月) 12時45分

遅咲きのガーデナーさん
いえいえ、庭に来てくださった後ブログで長くお付き合いくださっている方を忘れることはありませんよ(笑)
そちらのお天気やニュースなどは自然と気になります。

遅咲きさんはカメラに本当にお詳しいですね。
私は雪の玉ボケをまだ撮ったことがないんです。
ストロボを買ったら試してみますね。
それにしてもレンズやら諸々カメラのものは高いですね~

投稿: kinohana(遅咲きのガーデナーさんへ) | 2018年2月 5日 (月) 21時29分

こんにちは。
野菜はズボラな私にでも簡単なものならできるので大丈夫ですよsign01
私は苗を買って来て植えていますが、毎年植えるのが、ミニトマト、ナス、ピーマン、オクラ、枝豆です。
畳で1畳ほどなので1、2本ずつしか植えていませんが、2人で食べるのには十分です。
アスパラも育てていますが、1度植えると何年も収穫できます。
でもズボラな私なので、最近は数本しか収穫できず、昨年1株追加で植えましたsweat01
最初に土を作って植えてしまえば、後はたまに雑草を抜いて追肥するだけです。
ミニトマトは最近は皮が薄くて食べやすいものもあり、おいしいです。枝豆も思ったより上手にできますよhappy01

投稿: やなぎ | 2018年2月 7日 (水) 10時24分

やなぎさん
お花以外にそんなにいろいろな野菜を作ってたのですね。
採りたて野菜は本当に美味しいですものね~
父が毎年コンテナで苗を1~2本植えていて、けっこう日陰なのにちゃんと収穫できているんです。
去年はピーマンだったので「今年はナスにして」なんて私は勝手なことを言ってます(笑)
私もいつか挑戦しようかな・・・
一応日曜日に「野菜の時間」は見てますよ( ^ω^ )

投稿: kinohana(やなぎさんへ) | 2018年2月 7日 (水) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 考え中 | トップページ | 感動をありがとう~ »